ドッグフードの正しい選び方を知っていますか?愛犬に与えたいドッグフードの基本情報を紹介

犬を飼っている方は、愛犬が健康に過ごせることを日々考えているはずです。
ドッグフードの選び方を工夫することで、健康や体調を整えることができます。
例えばアレルギーを持っている子は当然ですし、そうでない子も食べ物を変えるだけでかなり健康が変わってくるのです。
自分ができる範囲で良いので実行したいといえます。
人間だけでなく愛犬にも、口にする食べ物をこだわり抜いて健康に長生きしてもらう秘訣を解説しました。

ドッグフードの正しい選び方を知っていますか?愛犬に与えたいドッグフードの基本情報を紹介

ドッグフードの選び方で気を付けることは、できるだけ安心・安全なものを選ぶことです。
例えば穀物があまり含まれていないものや不要な添加物が入っていないものを避けるだけでも、健康に過ごすことができます。
ドッグフードを選ぶときは、粗悪な原料を使用していないものや、たんぱく質を中心に栄養バランスが良いものを選ぶのが定石です。
原材料と保証分析値は確認して、油脂の種類も確認したほうが無難といえます。
有害な危険のある添加物を避ければ、かなり健康的な生活が送れるでしょう。

ドッグフードは無添加なものが安心

たまに動物には何を与えても特に問題ないと思っている方がいますが、意外と与えてはいけない食材などが存在しているので注意が必要です。
とくに猫や犬にはネギなどの食材は危険なため、なるべく人間の食事は与えないように心掛けることが大切でしょう。
そして、質の高いドッグフードを与えることで健康的な体を作りあげることができるため、なるべく添加物の入っていない無添加のドッグフードを選ぶことが良いとされています。
無添加のドッグフードだとどうしても値段が高くなってしまう傾向にありますが、大切なペットにこれからも末永く健康で長生きしてもらいたいと望むなら、栄養価が高くて害を加える心配がない添加物不使用のものが最も良いのです。
それと、できればカロリーを抑えた商品を選ぶようにすると良いかもしれません。
肥満は不健康のもとと言われているくらい重要な要素となるため、体重を増やさないように飼い主側が気を配ることが大切だからです。

ドッグフードは原材料をしっかりチェック

ペットショップなどでドッグフードを購入する際に、なんとなく選んでいませんか。
中には、有名メーカーだから安心だろうという理由で購入する人もいるかもしれません。
それも悪いことではないのですが、愛犬の健康を考えるのであれば、原材料にも気を配りたいところです。
ドッグフードには、肉や魚や野菜などといった色々な材料が含まれています。
それらの原材料が愛犬にとって、本当に良いものなのかどうかを考えておく必要があります。
中にはアレルギーの原因となってしまう材料もあるため、十分な注意が必要です。
犬も人間と同じようにアレルギーを発症するリスクがあるのです。
トウモロコシや小麦などの穀物が含まれているドッグフードを食べ続けていると、アレルギーを起こすリスクが高まることもあるため気を付けなくてはなりません。
ドッグフードのパッケージには、材料が記載されています。
購入前にどのようなものが配合されているのかしっかりと確認してみてください。

ドッグフードに入っていて欲しい栄養素

愛するペットに末永く健康で生きてもらうためには、できるだけ栄養価が高くて素材の良いドッグフードを買い与えてあげる必要があります。
そのため、どのような栄養素が含まれているのかを事前にしっかりと調べておくこと、気になる添加物やアレルギー反応を引き起こす成分は入っていないか確認することは重要になってくると思います。
また、ドッグフードに入っていて欲しい主な栄養素に関して詳しく紹介していくと、一番多いのがたんぱく質や繊維質、程よい量の脂質が含まれているとかなり良いでしょう。
それと、水分が含まれているタイプのドッグフードを選ぶことも大切になります。
ペットによっては水をなかなか飲まない子がいたりするため、水分不足の懸念を払しょくするために予め水分量が多く含まれているフードを選ぶようにすると心配しなくてすみます。
後はビタミンやカルシウム、鉄や亜鉛などが入っているとなお良いので、成分表をみるなどしてチェックしてみることをおすすめします。

魚が含まれているドッグフードは食いつきが良い

ドッグフードといえば肉のイメージが強いですが、魚が含まれているものもあって、食いつきという点で違いが見られるのではないでしょうか。
普段から肉主体のドッグフードを食べ慣れている犬は、魚を口にすることで美味しさに気がついたり、肉とは違った魅力を知ることになります。
またミックスされているドッグフードは相乗的に美味しさが引き立つので、今までに味わったことのない魅力的な味わいにペットが惹かれるわけです。
それが一般的にいわれる食いつきの良さとなってあらわれ、飼い主を驚かせることになります。
同じものばかりだと飽きてしまったり、新鮮味を感じなくなるのは人間も同じですが、ドッグフードも与えるものによって犬の反応が違ってきます。
食べ慣れているものは驚きもせず一定のペースで食べますが、新しい味や好物に感じられるものだと、ペースが上がったりがっつくように食べることがあるので、そこがペットにとっての珍しい味や好物を知るヒントにもなるのではないでしょうか。

ドッグフードに関する情報サイト
ドッグフードの基本情報

犬を飼っている方は、愛犬が健康に過ごせることを日々考えているはずです。ドッグフードの選び方を工夫することで、健康や体調を整えることができます。例えばアレルギーを持っている子は当然ですし、そうでない子も食べ物を変えるだけでかなり健康が変わってくるのです。自分ができる範囲で良いので実行したいといえます。人間だけでなく愛犬にも、口にする食べ物をこだわり抜いて健康に長生きしてもらう秘訣を解説しました。

Search